国際化が進むIT業界

コンピューターの登場やインターネットの発達によって、学びたい人にとって情報収集をしやすい世の中になってきています。

そしてこれまで発展途上国と思われていた国々が進化を遂げて、インドに至ってはIT技術分野で上位にいるといってもいいでしょう。
最も未だに古い制度が残っていて、優秀であってもインド国内ではなかなか活躍できないこともあって、外資系の企業に勤めることが多くなっています。
そういったことから海外へ流出するインド人エンジニアが増えてきて、日本国内でもその姿を見ることが多くなっているのです。

IT業界は新しい分野だけに人の流れが早く、国際色豊かな傾向があります。
そして外資に比べて日本企業は一度正社員になると立場的に優遇されますので、外国人でも転職を考える人が増えているのです。
ただ日本企業でも大手になれば伝統にこだわる人もいれば、外国人というだけで不利になる場合はまだまだあるでしょう。
ここで大切なのはIT技術面に関連するスキルはもちろんですが、日本語を話せることも重要になるので、日本語学校に通うなどして覚えることが必要です。
現場単位ではすでにコミュニケーションの言語が英語であることは多いのですが、採用する面接官によっては英語に対してアレルギーや劣等感を持っている場合もあります。
少しでも可能性をあげるためには日本語が堪能であることが必要になるでしょう。
後は正しくスキルが身についていれば、外国人でも正社員登用は可能になります。