職場でのインド人女性エンジニアへの配慮

日本で働くインド人のITエンジニアが増えつつあり、これからはインド出身の女性の技術者と共に働く機会もあるかもしれません。
日本人の女性と共に働く場合の配慮と同じく、インド出身の女性にも相手を尊重し良い人間関係を築く配慮を必要とします。

例えばプライベートに関する事柄をしつこく聞きだすのはマナー違反です。
仕事とプライベートは明確に分け、不用意に詮索しない配慮が欠かせません。
初めてインド人女性のエンジニアと仕事をすることになった場合にでも日本人女性と同じ対応でまずは通用し、マナー違反が原因で起こる可能性あるトラブルを未然に予防できます。

またその他にも、国の文化の違いにより配慮が必要なポイントもあります。
国によってそれぞれに伝統衣装に違いがあるため、海外から日本にやって来た技術者と共に仕事をする場合に備えて、その基礎知識を知るといつか役に立ちます。
インド出身の女性の場合には、日本国内でもサリーという伝統衣装を身に付けて働いている人たちがいます。
インドの伝統衣装をあまり見慣れていない日本人も多いため、興味を持つ事もあるでしょう。
しかし、あまりに好奇の目で相手の服装を見るというのはマナーに反します。
相手の心情に配慮して適度に距離を取り、自然な態度で接する心掛けが大切です。
少なくとも、しばらく職場での仕事を通して相手と親しい人間関係を築くまでは、興味本位で接して相手の気分を害さないよう注意を要します。