人材不足を助けるインド人エンジニア

日本のIT業界では人材が不足している問題を抱えています。

その要因には、開発技術者の仕事が忙しいものであるため、過労から離職したりあるいはこの仕事を目指す人が少なくなっている事が挙げられます。
このような人材不足の要因は簡単には解決できない性質のものであり、問題解消のための見通しは立っていません。

そこで応急的な対処法として、外国人のエンジニア人材を確保してスタッフの補充を図り、開発スタッフの仕事の忙しさを軽減させる取り組みがあります。
外国人技術者の中でもIT分野ではインド人に注目が集まっています。
インドは情報技術者を育てる理数系教育に力を入れていて、優秀な人材が多く育っています。
日本の開発企業も彼らを有望な人材と見込んで採用する動きが活発です。
開発現場では技術スタッフにインド人技術者が増えるという変化はあるものの、一方でこれまでの忙しかった仕事の苦労から解放される事に期待もできます。

一方でインドからのエンジニアが、忙しい開発現場に順応できるかどうかが重要な鍵になります。
日本人技術者では仕方なく職場での残業や徹夜の仕事に応じているものの、文化の違いから外国人技術者には必ずしも日本流の開発事情が理解できません。
開発現場での仕事の忙しさを解消するためのインド人エンジニアも、仕事の忙しさから離れてしまっては本末転倒です。
そのため忙しさ解消に向けどのように忙しい仕事に順応させながら人材の補強を行うかが重要な鍵になります。